自己破産とクレジットカード

Solo 24 Horas 視力回復手術の効果TOP > 自己破産とクレジットカード

自己破産した場合、クレジットカードで購入したモノは?

自己破産時にクレジットカードを持っていることもあるでしょう。
多重債務にあって自己破産をする人は、複数の金融会社の融資を受け、一社ずつの融資金額は少なくとも総額が高額になっています。

日々の買い物を手軽なものとし、時には現金を出すことができるクレジットカードは生活に欠かせません。ただし、クレジットカードを使って購入した品物は、返済が完了するまでは厳密には自分のものになっていません。

一時的にクレジットカード会社の物という扱いになり、商品を借りて使わせてもらっている形になります。購入物も未払い金についても、カード会社から受けた融資を返済中という状態になっています。

自己破産をした場合、クレジットカードは使えなくなります。
支払い中の商品については、例えばクレジットカード会社側から回収指示があったならばそれに従います。

多重債務状態での自己破産では、その時点で持っていた財産で返済しきれなかった分は無効となります。ですが、自己破産をした後に新規の融資は受けられませんし、クレジットカードも作れません。これは、個人情報機関に自己破産記録が残り続ける限り続きます。

クレジットカード会社にもよりますが、自己破産後7年は新たな融資は受けられないと思った方が良いでしょう。ですが、審査に通る通らないと関係なく、借金が返せなくなった前歴があるなら、その後に融資を受ける時は慎重に慎重が必要です。

また、違法な業者は自己破産履歴のある人でも貸してくれることがありますが、そういったところは利用しないよう注意してください。