幼稚園受験の目的

Solo 24 Horas 視力回復手術の効果TOP > 幼稚園受験の目的

公立、国立、私立の幼稚園受験事情

ここをご覧の方であれば、幼稚園と保育園(保育所)の違いは当然ご存知でしょう。(ちなみに、幼稚園は文部科学省管轄の学校であり、保育園は厚生労働省管轄の児童福祉施設です。)さて、一口に幼稚園といっても数種類あります。

まず、一般の公立幼稚園(ほとんどが市立、まれに県立)です。
特徴としては、何と言っても保育料の安さです。(だいたい私立の1/3くらいです。)
子供の自主性を重視した、いわゆる自由保育を行っている園がほとんどです。

公立幼稚園の場合は、通園バスはないことが多いため徒歩で通園できる範囲の子供たちが集まります。義務教育ではありませんから、どの園も入園説明会を実施しているはずです。各園の規模に応じて、入園希望者が多数であれば何らかの方法(抽選あるいは先着順)で制限があることもありますが、徒歩圏内であること、少子化の傾向があること、共働き家庭が増えている事、を考え合わせると入園希望者が落とされる心配はまず無いでしょう。

そう言った意味で「幼稚園受験」にはあてはまりませんし、子供をのびのびと育てたいと考えている家庭向きの幼稚園と言えます。

次に、国立幼稚園です。
これは、国立大学の教育学部付属幼稚園です。当然ながら教育実習生を頻繁に受け入れていますので、研究授業の対象になる機会も多いです。傾向としては、自由保育の園が多いでしょう。
公立ですから保育料は安いです。

特筆すべきは、同系列の付属小学校に優先的に入学できる事でしょう。
付属小学校に入学させたいと思っている家庭では、小学校(ひいては付属中学)で受験するよりも子供の負担が少ないため、入園希望者が多くなります。そのため、入試(面接)や抽選を実施しています。

徒歩圏内の子供が多いですが、中には遠方から車で送迎する熱心な家庭もあります。
地方都市で「幼稚園受験」というと、大抵はこの付属幼稚園受験にあたります。

そして普通の私立幼稚園です。
宗教法人や、学校法人が経営しています。保育料は公立の3倍程度と高めになります。

保育の傾向としては、シュタイナー、ピアジェ、モンテッソリーなどのカリキュラムに基づいた一斉保育を行っている園が多いです。

また、通園バス・給食・延長保育(降園後預かり保育)などの各種サービスを充実させている所がほとんどです。いずれにしろ、各園の特色もはっきりしています。地域によって差はありますが、園の規模に応じて入園希望者が多数であれば何らかの方法(抽選あるいは先着順)で制限があることもあります。しかし、都市部の一部の(よほどの)有名私立幼稚園でもなければ入園希望者が落とされることはまずないでしょう。

少子化の傾向がある事、共働き家庭が増えている事、を考え合わせると、地方都市であれば「幼稚園受験」にはあてはまらないと考えてよいでしょう。子供一人ひとりを丁寧に見てくれる園が多いですから、きちんとしつけをしたい家庭向きの幼稚園と言えます。

最後に有名私立幼稚園です。
「幼稚園受験」として同じ傾向ですので、ここに有名私立大学や私立小・中・高校の付属幼稚園も含まれると考えてよいでしょう。これは首都圏に限った傾向です。条件的に、地方都市ではまずないと思います。

ここでは「幼稚園受験」は、エスカレーター式で私立の学校へ入学するための方法として考えられています。また、小学校受験の前に受験を経験させておきたいという親心もあるでしょう。幼稚園受験ではペーパーテストはありませんからそれだけ子供の学習負担は少なくてすみます。このような幼稚園では小学校受験に対して理解がありますから、園の行事も受験に配慮してあるなどのメリットもあります。

幼稚園受験をさせようと考える家庭でも、考えていない家庭でも、子供の幸せを望んでいる事に変わりはありません。子供の将来をどのように考えているかによって、メリットがデメリットにもなりますし、その逆もあり得ます。自分の道を切り開いていくたくましさを望むのであれば、幼稚園受験でエスカレーターに乗ってしまうのはデメリットになってしまいます。逆に、受験は最小限に早期で済ませてしまう事で芸術やスポーツの才能を伸ばして欲しいと望むならば大いにメリットがあると言えるでしょう。

とりあえずの目先の幼稚園受験だけを考えるのではなく、子供が成長して社会人になったときの事まで考えてあげたいものです。

脇脱毛 岐阜
価格と効果を両立した最強の脱毛サロン。岐阜でもっとも人気のある脇脱毛ができるサロンはここ!
www.xn--nitt96af7pcet.biz