ユーザー車検のデメリット

Solo 24 Horas 視力回復手術の効果TOP > ユーザー車検のデメリット

ユーザー車検におけるデメリットは費用対効果

ユーザー車検におけるデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、時間とそれにかかる労力がかなり費やされることです。

点検等は、車に精通している人であれば、1日ですむかと思います。また、車検当日も、うまくいけば2時間くらいで終了することが可能です。

しかし、もしユーザー車検に慣れていない方ならば、点検も受検も実施する当日は、慣れた方よりも、時間がかなりかかることを覚悟していてほしいですね。毎日仕事をされていて、ユーザー車検をする場合、休日返上もありえます。

費用を確実におさえることが可能ですが、休日を返上してでもやるべきかどうかを考えてみてください。

また、カー用品店や販売店などでは、最近は日曜、祝祭日などの休みの日であっても、車検をすることができますが、ユーザー車検のように検査場に持ち込むことができるのは、平日しかできません。つまり、サラリーマンの方にとっては、平日休みの方はいいですが、休みでない方は、有給等を使って休みを取らないと、ユーザー車検は受けることができません。

確かにユーザー車検をする際には、自分自身に安全意識が高まることも考えられるわけですが、逆手にとりますと、状況によっては、ユーザー車検が、自動車の運転に不安感をあおるケースもありうるわけです。本当に大丈夫なのかなって思うかもしれません。

専門知識を持っている人に点検してもらい、安心を手に入れ、点検や整備を依頼すると、費用面では、安くは仕上がらないので、ユーザー車検をする費用の面で安くおさえたいという願いはかなわないことになりますね。

ツ終わり -->